とりメモ

創作のあれやこれや

WEBを活用した漫画家のマネタイズを色々考察してみる

漫画家は単行本が売れなければ打ち切りにされてしまいます。

出版社もビジネスをやっていて、ボランティアをやっているわけではないのだから、売れなければ打ち切りになるのは当然です。

加えて最近では本自体が売れなくなっているので、単行本をヒットさせるのはとても困難になっています。

では本自体が売れなくなっているのはなぜでしょうか?それは海賊版サイトの登場や電子書籍の普及です。

このように、本(ここでは紙の本)が売れなくなっているにもかかわらず、単行本が一定以上売れなければ打ち切られてしまうのです。

そこで、漫画家にも新たな時代の流れに乗ったマネタイズを考える必要があるのではないかと思います。

なので今回は漫画家のマネタイズを考えてみようと思います。

前回の話

旧時代のビジネスモデル

まずは旧時代のビジネスモデルを考えましょう。今までの漫画家の主な収益源と言えば、原稿料と印税です。

原稿料

原稿料は、連載される作品に対しての収入であり、「ページ単価×ページ数」の金額が漫画家に入ってきます。 ページ単価は、その漫画家のキャリア、人気、雑誌のレベルによって千差万別ですが、だいたい「数千円〜数万円」というのが相場です。

それでこの原稿料足りてますか?殆どの漫画家さんは原稿料だけでは足りません。それどころか、原稿料だけじゃアシスタントに給料払って赤字です。

しかし、出版社側は安い原稿料で納期を守らせようとしてクオリティを上げる為にアシスタントを雇うよう促します。

そこにきて最低賃金が上昇するらしいので、漫画家にとっては追い討ちです。

最低賃金が1500円になるなら原稿料も上がらないと真面目に生きていけません。通常、アシスタントさんに払う時給1000円ほどらしいです。

これは最低賃金を下げろという意味ではなく、原稿料等の漫画家に入る収入が少ないが故の原因だと思います。

しかし、漫画家の原稿料3〜4万にあげるとなると一冊作るのに出版社は原稿料だけで720万以上かかります。

そうすると出版社が利益を得るためには概算一冊で5000万円ぐらい売らないといけないらしいです。

つまり10万部売れないとコミックス出せないんですね。ほぼ無理ゲーです。

したがって、漫画家はもう既に原稿料だけでは食べていけないことがほぼ確定しているのです。なので、尚更新しい収益化方法を考えなければなりません。

ちなみに、たまに漫画の中で演出として真っ白とか真っ黒なページ入ることあるじゃないですか。あそこは原稿料発生するところと発生しないところがあるらしいです。

印税

印税は連載漫画や描き下ろし漫画を本として出版する際に著者に支払われる金額のことです。

一般的に著者印税は売上の10%(500円の単行本なら50円が著者印税)とされており、紙の場合は発行部数に応じて支払われ、電子書籍の場合は実売数に応じて支払われます。

発行部数=実売部数ではないのです。しかし、実際に売れなかったとしても著者には発行部数分の印税が支払われるようになってます。

原稿料や印税率が引き下げられたり、初版の発行部数が減少傾向にあったりと、出版市場が紙からデジタルに移行する中で厳しい状況に置かれる漫画家も少なくないらしいです。

このように、旧時代のビジネスモデルはWEBサービスの普及や海賊版サイト等によって、既に崩壊しているのです。

新時代のビジネスモデル

そこで、新時代におけるビジネスモデルを考えていきましょう。

広告収入

広告収入はおそらくこれからの時代にもっとも重要な収益化方法だと思います。昔からCM等でやっていますけれども、広告収入というビジネスモデルを考えた人は天才ですね。

話がそれましたが、漫画家にもこの広告収入は利用できるはずです。漫画家のコンテンツ力は偉大です。したがって、自分でWordpress等でWEBサイトを立ち上げ、自分の漫画を投稿し、Google Adsenseを紐付ければ、一気に収益化をスタートできます。

ワンパンマンの原作もインターネットに無料公開されていますよね。

今やネット→単行本という流れも全然あるわけです。

さらに嬉しいニュースとして、以前少年ジャンプ+がウェブ上の広告収入の50%を漫画家に還元することを決定しました!

こんな感じで、印税や原稿料以外の新しいマンガ制作の形が広がると良いと思ってます。

パトロン

次はパトロンです。

同人誌でマネタイズしている漫画家の方に多いんですけど、商業誌の仕事を断ってる人も結構いるんですよね。

クリエイター支援のクラウドファンディング「Patreon」で18禁クリエイターが収入得られるようになったという話があります。

パトロンは漫画家とか他のクリエイターにも通じることで、出版社を外したマネタイズ方法としてかなり重宝されていくと思います。

SNSを駆使する

新人漫画家さんはSNSを駆使しましょう。思いつく限りのプラットフォームに作品投稿して自身と自身の作品をバンバン宣伝しましょう。

そして、固定ファンがある程度出てきたり、フォロワーが増えてきたら、Kindleやnoteで商品化してマネタイズしていきましょう。

TwitterのMedia Studio

Media Studioは、Twitterで動画を管理、測定し、収益を得ることができる、使いやすいプラットフォームです。

Twitterでは、140文字では伝えきれない内容も伝えることができます。

画像、GIF画像、動画でストーリーを語ったり、ライブ放送を始めたりすることができます。

Media Studioアカウントの数が1つでも、50でも、組織全体でTwitterコンテンツが一括管理できます。

ライブラリ、アナリティクス、収益化、Producerなど、Media Studioの機能を最大限に活用する方法を学びましょう。

「動画で広告収入を得る=YouTube」と思っている方が多いです。

しかし、TwitterのMedia StudioはTwitterで動画を投稿したら広告収益が入ってくるシステムなので、Twitterで無料公開してるその漫画も、動画にするとお金がもらえるようになります。

広告収益はそもそも企業さんが広告出さないと何も始まらないので、企業さんは動画広告を出したい流れになってるため、動画のフォーマットに合わせていくしかないです。

Twitterで何万とか十何万リツイートされている漫画家の方を見ると、それだけでも、それを動画にするだけで収入になるのにと思います。

無料公開して宣伝しつつ、その視聴数分でも収入になる的なモデルは控えめに見てもかなり良きです。なので、Twitter、YouTube、TikTokの三大動画サービスで今のうちからやっておけば、十分収益化できるのではないでしょうか。

ココナラ

ココナラとは自分の得意なことやスキルが出品できるオンラインマーケットです。

イラスト作成や動画編集、ビジネスや私生活の相談まで何でも出品OKで、会員数100万人突破、取引件数300万件以上。

誰でも無料で会員登録できるサービスです。プロのイラストレーターの方や元漫画家の方が活躍しています。

スキマ時間に副業したい、スキルアップのために経験の場が欲しい人におすすめです。

ココナラ

色紙販売

次は色紙販売です。これはSNS等で有名になってからのマネタイズだと思います。最初の新米漫画家さんにはあまり関係ないかもしれません。

色紙販売は色んな作家さんの色紙を販売するサービスです。以前、漫画家であるひろゆきさんの色紙が高額で転売されていたそうです。しかし、漫画家の色紙販売も行われているようですよ。

結論

結論としては作家自身がWEBメディアになってコンテンツを提供していくということです。

漫画家が不満を抱えながらも出版社に依存してしまうのは、やっぱり原稿料・印税といった収入の安定や、広報・販促面を一任できるという大きなメリットがあるからです。

しかし、これからの時代はこの路線でやっていくのは相当厳しいはずなので、個人作家として一人立ちする道を模索したほうが良いのかなと思います。

出版社からデビューできなくなっても、漫画でお金を稼げば立派な漫画家だと僕は思います。

あとがき

「手取り50万もらうがなにもしないか」
「手取り30万だが楽しい仕事か」
みたいな広告を先日見ました。

この質問ってナンセンスだと思いませんか?

これって、
「月収100万でやりがいのある仕事」をやれば良い話なわけですよね。

みんなもっとマネタイズしましょう。マネタイズは悪いことじゃないです。活動を続けていくためにも必要なことなのです。