とりメモ

創作のあれやこれや

イライラを減らす習慣の話


今回はイライラを発生させない習慣を紹介していきたいと思います。

むやみにニュースを見ない

むやみにニュースを見なければポジティブになります。個人的にこれはおススメです。
というのも、ネガティブなニュースは無意識に悪い影響与えるからです。

有名な芸能人が自殺すると、その後に全国で自殺が続いたり自動車の放送事故が起きると全国で暴走事故が多発することがあります。

これは偶然ではありません。心理学の研究により関連性が確かめられている現象です。

自殺報道はあらゆる事故の発生率を上昇させることがわかっています。例えば新聞の一面で自殺が報道されると、その日からしばらくの間に航空機の墜落事故や自動車事故の数が増加するのです。

「なぜそんなことが起きるの?」
その理由は簡単です。世の中には潜在的に自殺をしたいと思っている人がたくさんいます。でも普段は自殺する機会も勇気もありません。しかし自殺報道を見ると脳の中の無意識が刺激を受け事故に見せかけた自殺をしてしまうのです。

すべては無意識が行うので本人にはあまり自覚がありません。自殺報道の後に起きた事項を詳細的に調べると例えば車がスリップした時ハンドルはなぜか危険な方向に切りすぎていたり、わざと危険運転をした形跡が見つかるそうです。

「単なる社会情勢の影響ではないか?」
と疑い社会情勢との関連性を調べた研究があります。しかし社会情勢は無関係でした。同じ社会情勢にある地域でも自殺報道があった場所だけ事故の発生率が高まることが証明されたのです。

また別の研究では自殺を報じる新聞記事の面積が大きければ大きいほど、それに比例して事故率も高くなることがわかりました。

「自殺報道が原因と考えるしかない!」
というのが結論で、国連の世界保健機関WHOは世界中のメディアに対して
「自殺報道を控えるんだ!」
と警鐘を鳴らしています。

心理学ではこれをウェルテル効果と呼んでいます。ゲーテの描いた若きウェルテルの悩みと言う小説にちなんで名付けられました。これは主人公のヴェルテルが声が実らなくて自殺するお話です。

当時その本を読みウェルテルの真似をして自殺をする若者が急増しました。そのため社会問題となって販売禁止になったと言う形があります。

社会的証明と言って人間には世間で流行しているからいいとか多くの人がやっているから正しいと言う割に大勢の意見に従おうとする性質があります。

新聞記事を見ることによって今自殺が増えているとか暴走事故が増えていると認識すると無意識にそれに従ってしまう人が現れるのです。

それがウェルテル効果の原理と考えられています。だからテレビや新聞のニュースは不用意に見ない方が賢明です。

意識は無意識を自由に支配できません無意識を動かすためにはまず意識によって行動を起こします。

それをの良い自己認識させることによって間接的に影響与えるしかないのです。無意識を動かすにはまず意識で体を動かします。そのあとでその体の変化を無意識に認識させるのが1番早いのです。

行動は無意識に影響を与えると同時に、逆に無意識からも大きな影響受けます。先程のウェルテル効果がそうですし筋トレをして無意識をやる気にさせるのにも無意識に協力させないと仕事や読書の効率が悪くなってしまうからです。

例えば恋人や家族との関係がうまくいってないと仕事もうまくいきません。会社でガミガミ怒鳴っている部長や課長は大抵家庭に問題を抱えています。それが原因で無意識がネガティブになっていってイライラしてしまうのです。まさに負の連鎖です。

逆に私生活がうまくいくと無意識がポジティブになり仕事もうまくいくようになります。どうも仕事が手につかない何故か落ち着かないその時は無意識がネガティブになっている可能性を疑ってみてください。

体を動かして血の巡りを良く満ちてみたり面白い小説や漫画を読んで大声で笑ってみましょう。無意識がポジティブになってくれると不思議と行動がスムーズになるはずです。

オルゴール

オルゴールを聞けば疲れが取れます。というのも、高周波音を聞くと脳内のα波が活性化するのです。イライラした気分を解消する方法はいくつかあります。

まず1番手っ取り早いのはオルゴールを聴くことです。オルゴールが奏でる音には30,000ヘルツ以上の高周波の成分が含まれています。それを聞くと脳内のα波が活性化して心が癒されることが実験で確かめられています。

できれば45弁以上のオルゴールが良いとされていますが結構お値段がかかります。

人間はなぜ高周波音を聞くと心が落ち着くのでしょうか。実は本来の大自然は高周波音に満たされています。アフリカや南米のジャングルに入ると約100,000 30,000ヘルツの報酬は鬼についているのです。

人間は何百10000年もこうした高周波音のある環境で生きてきました。しかし最近のたった100年ほどの間に、生活環境から高周波音が消えてしまいました。

都会には高周波音がありません。鉄筋コンクリートは高周波音を遮断するのでコンクリートやアスファルトに覆われた都会には高周波音はありません。

また人間が作ったエンジンやモーターが出す連続的な低周波音は人の健康を害すると言われています。

まさに都会は不眠やストレスを生みやすい環境にあるのです。山や海でそれが難しければ近くの河原でもいいので自然のある場所へ行くと高周波音とってあります。

そして定期的に高周波音を聞く習慣を持つとイライラしにくくなると言われています。ちなみに豪州版は人間の耳には音としてはほとんど聞こえない米ですのでCDなどで聴くよりも実際に自然の中で聴く方が効果が高いと言われています。

イライラを感じたらオルゴールを聞いてみたり、ニュースを見るのをやめてみたらいいんじゃないかと思います。